TOP世話人会則歩み日常活動犠牲者名簿作り100人の証言他の証言資料リンク集
犠牲者名簿

 (注) 2014年7月7日NHK首都圏ネットワークで「犠牲者の名前を残したい」で放送されたNHKホームページをリン クしたのでご覧ください。

(注)2014年2月現在の犠牲者氏名判明者は668名です。その詳細は「お知らせ」をクリックすれば見られます。

千葉市空襲犠牲者を概数でなく11人名前で記録しましょう。

900名空襲犠牲者の名前を石碑に刻み、慰霊し永遠に残しましょう。

戦争の犠牲を語り継ぐことが再び戦争をしない力になります。

 

 

 

千葉市空襲犠牲者の名簿作成運動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201177

 

 

千葉市空襲と戦争を語る会

ちば・戦争体験を伝える会

千葉市大空襲とアジア太平洋戦争の記録100人証言編集委員会

 

 

 

1.千葉空襲犠牲者の名簿作成運動構想

1.背景

千葉市史上最大の犠牲者を出しながら犠牲者数も曖昧で、氏名が千葉市、千葉県の自治体及び国に把握されていない。2008926日、千葉市保健福祉部地域保健福祉課長回答によれば、「約290名の死没者の氏名、遺族名及び住所が記載されている」が、全容は把握されず、公表もされていない。政府の行為による戦争で犠牲になった軍人は恩給支給の基本となる氏名・年齢・階級まで記録されているが、空襲犠牲者の一般民間人(市民)の名前が把握されていない。このことは戦災犠牲者が軽視されていることを示している。全国でいくつかの空襲被災都市で住民運動が自治体と協働して戦災犠牲者の名簿を作成して例はある。広島・長崎原爆犠牲者や東京大空襲犠牲者が大規模な場合は名前を確認することは困難である。

しかし、千葉市役所市民総務課には広島市発行の「原爆供養塔納骨名簿遺族を捜しています」と言う犠牲者の消息を調べるポスターが掲示されている。東京空襲犠牲者遺族会「せめて名前だけでも」2010130日付け第30号では、遺族会が東京都に「空襲死者の氏名記録」の要請を続けていることを掲載している。

2.目的

(1)犠牲者の氏名を把握する。自治体の名において空襲戦災名簿を作成する。どうしてもわからない場合は不明者とする。このことにより千葉市の戦災の実態を明らかにする。

(2)戦災犠牲者の全氏名を刻んだ碑を千葉市の中心地に建立する。氏名が判明すれば刻銘を増やす。

(3)自治体および市民が犠牲者の霊を弔い、再び戦争をしない約束を具体化する。

(4)この運動を通して千葉市の平和をもとめる市民・団体の共同の輪を広げる。

3.方法

(1)市民運動

千葉市では、戦後66年経過しているにも関わらず、自治体においてその努力がなされていない。そのため市民がまず始める。この運動に賛同する市民運動(組織)を作る。

@100人証言者やその読者に照会する。

A「千葉市空襲の記録」の資料(蘇我1丁目家並み復元図、千葉駅周辺家並み復元図)を活用する。「伝えたいこと、記憶を刻み二度と戦争を繰り返さないために」等戦争体験を綴ったいろいろな思い出集を探す。

Bお寺の過去帳調査をはじめる。教会にも当たる。

Cマスコミの協力を得て運動の記事を掲載してもらい、戦争を知らない市民に知って貰う。

(2)自治体の責任

市民運動だけでは限界になる時点で自治体に協働を求める。自治体は管理している資料をもとに調べる。

@市役所に担当課を設置し、市長が主体的に関与することを求める。市民と市役所の協働作業としたい。市民が信頼できる公的な調査を展開する。

A市政だより、ポスター、電車・バス・駅・市機関における広告、学校掲示板などで戦災犠牲者調査を掲載してもらう。

B市を通じて公民館や町内会の協力、回覧板連絡網の活用を求める。

(3)他都市の成功例を研究

この点では仙台市(政令指定都市)の経験を学びたい。

4.市民運動の作業の留意点

(1)千葉市で空襲犠牲者となられた千葉市民、千葉市に職場を持つ方々を対象にする。最終的には被災した地域、日付、死亡時年齢、職業・学年等で整理する。勤労者や疎開者、被動員者、通行人、入院患者、外国籍(特に朝鮮人)等や軍人犠牲者も別に調べる。

(2)広く市民からの情報の提供を受けたいので、お寺や教会の提供者に迷惑のかからないように、当面、氏名や出所を公表しない。提供者名等は、事務局の記録にとどめるのみとする。(3)戦災者の女性証言者の場合、姓が変わっている場合が想定されるので、家族の犠牲者の元の姓を確認しなければ氏名を特定したことにならず、計数から除外されている。犠牲者の敬称は略されている。太字は確認済みを意味する。死亡者の敬称は略す。情報連絡先:08053053739akioito@w3.dion.ne.jp、伊藤章夫

5.千葉市空襲犠牲者氏名状況調査進行状況

2011728日現在、氏名の分かる犠牲者は347人である。千葉市把握の約290名を越えることが出来た。

 

犠牲者氏名等(一部のみ紹介します)

1.千葉女子師範学校10人(千葉市空襲の記録)

1945610日、千葉市富士見町、千葉女子師範、爆弾10人、生徒年齢19-20

吉成正三(教師)、石毛糸子、小林まさ子、高木静枝、藤本和子、松本富士子、道脇喜代、森川哲子、三代川公子(以上生徒)、竹内親吉(作業員)、すべて年齢不明

2.千葉高等女学校3人(100人証言)

1945610日、千葉市新宿町、千葉高女3人、川城秀子生徒、平野慶子生徒、16歳、194577日、焼夷弾、沼田亀之介、年齢不明

卒業生2名死亡、その中には・・・池田清子(竹下定蔵「われ生涯一教師」p125

3.大日寺墓碑4人(100人証言)、194577日、千葉市通町、大日寺、焼夷弾4

大塚佐久子44歳、大塚照子21歳、大塚静枝16歳、大塚美恵子12

4.復活教会2人(おとずれ、100人証言)

1945610日、千葉市新宿町、爆弾2人、豊田泉8歳、豊田光明6

5.渡辺紘子さん家族2人(東京と千葉の空襲で家族を失った)

194577日、千葉市寒川、機銃2人、渡辺涼子3歳、渡辺茂雄1

第2.全国の運動と成果事例

 


llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll