千葉市空襲と戦争を語る会 
     2011年7月7日の空襲記念日の集い(千葉市文化センター)
TOP会則歩み100人の証言他の証言資料リンク集ブログ
   あなたは千葉市空襲を知っていますか?

 1945年5月8日、6月10日、7月7日に千葉市に大きな空襲がありました。
 1941年12月8日アジア・太平洋戦争が日本軍によるハワイの真珠湾攻撃、マレー半島のコタバル上陸で開始されました。それまでに日本軍は朝鮮、中国を侵略していました。日本軍は戦線をアジアに拡大したが、戦局は不利になり、米軍を中心とする連合軍の反撃で、1945年3月には東京大空襲、同年6月には沖縄地上戦、6,7月には千葉空襲、8月には広島、長崎原爆投下、最終的に8月15日、日本政府はポツダム宣言を受託し戦争は終わりました。
 私たちは2008年秋に「語る会」の前身の千葉空襲とアジア・太平洋戦争の記録100人証言集編集委員会は「100人証言」を3000部発刊しました。100人証言集発刊に当たり、熊谷俊人千葉市長から祝辞を戴きました。
 ところが、千葉市空襲の犠牲者約900人の犠牲者の氏名が不明、未公表であることが分かり、名簿作成に取り組み始めました。上記の編集委員会は2010年10月発展的に解消し、「千葉市空襲と戦争を語る会」が発足
しました。
 「語る会」には千葉空襲や東京空襲を体験した人が参加しています。「語る会」は「ちば・戦争体験を伝える会」と協力して空襲記念日に「平和のための戦争展」を実施、犠牲者の名簿作成、犠牲者刻銘碑の建立を目指しました。そして、市民から300万円の寄付をいただき、2015年7月4日に千葉市亥鼻公園に675件の氏名を刻銘した碑を建立しました。除幕式には、市長、被爆者、遺族の挨拶を受けました。
 また、全国空襲被害者連絡協議会に加盟し、空襲犠牲者の被害補償を実施させ、二度と戦争が起こらないことを法律として確定することも目指しています。
 この運動は、市民と連携して進めていますが、とりわけ「ちば・戦争体験を伝える会」と密接な関係を持って進めています。「語る会」は空襲と戦争のない千葉市の実現に向けて貢献をしたいと決意しています。あなたも会員となって力を貸してください。入会をお待ちしています。

 千葉市空襲と戦争を語る会
代表 白井進、世話人 岡崎鑛太郎、河合節子、古家幾久江、千葉通子、
堤信一、
中村敏夫(50音順)、事務局 伊藤章夫、関康治
2012年2月
 (写真は第一回例会)

 
 千葉市空襲と戦争を語る会発足2010.10.19


 
千葉市空襲犠牲者刻銘式平和祈念碑
建立1周年記念 2016年7月7日
 



2016年10月11日 歩み 仙台大会で千葉の事を紹介したパワーポイント文章


日暮幸子さんの文は、他の証言の11番にアップしました


English-version 英語解説2009original,2016revised(July24th)




2015年7月4日
除幕式。
5年を費やし、市民の手で
建立に至った。

千葉市空襲犠牲者刻銘祈念碑
クリックしてください。

空襲・戦争を記録する会全国連絡会議
クリックしてください。



祈念碑建立募金運動の栞(沼田有紀作品


English Version 
千葉市空襲と戦争を語る会新聞 
新聞報道一覧 
 
 
〜イベント〜


お知らせ

千葉の歴史 ナカちば(沼田有紀作品)


2017年 ピースフェアのお知らせ


今年はピースフェアが
5月10日 (水)〜14日 (日)まで
子どもの部屋

千葉県歴史教育者協議会・編

おはなし
「千葉の歴史」
本の紹介



 
忘れられない日  日暮幸子作      

28回千葉県展入選作品 
松本貞雄編集「千葉空襲の記録」から転載


2009年秋に発刊した100人証言集。現在、絶版です。
千葉市や千葉県、市町村図書館にあります。100人の証言 に全文掲載
 ↑本の裏
   
                               ←メールはこちらをクリックしてください。