TOP会則歩み100人の証言他の証言資料リンク集

千葉市空襲と戦争を語る会会則

1.会の目的

会は再び空襲と戦争を繰り返さないために、1千葉市空襲に関する調査、2犠牲者氏名の名簿作成、3犠牲者の慰霊碑の建立、4空襲犠牲者慰霊祭の開催、5県内外、全国の空襲被害者と連携して運動することを目的とする。

2.会の経緯

2008年に「千葉大空襲とアジア太平洋戦争の記録100人証言」を出版した編集委員会が証言者たちに呼びかけて20101019日に会が発足した。同編集委員会(編集委員は6人)は解散しないが、編集及び普及以外の平和の仕事をするために語る会が発足した。

3.会の会員

会員は特定されない。通常、約120人の証言者に会開催の連絡はするが、証言者以外の人でも関心のある人は参加してもらう。

4.会の役員

役員として5人の世話人を置く。うち、1人は代表、他の1人は事務局を担当する。世話人会は語る会の運営に責任を負う。

5.会の運営

語る会は、世話人の合意に基づいて運営する。語る会では話合うが、決定として強制しない。年間数回の語る会を開催する。語る会の前後に世話人会を開催する。

6.会の財政

必要な場合に会費を集める。定期・定額の会費は徴収しない

7.会の連絡先

会の代表もしくは事務局の自宅とする。

8.その他

この会則に沿って選出された世話人は別紙のとおりである。代表及び事務局の住所は別紙のとおりである。以上

 別記(千葉市空襲と戦争を語る会会則における役員)2011525日 現在

1世話人は白井進、千葉通子、河合節子、古家幾久江、伊藤章夫

2012216更新

世話人は白井進、中村敏夫、千葉通子、堤信一、河合節子、古家幾久江、岡崎鑛太郎、伊藤章夫、関康治

2代表は白井進(〒260-0844、千葉市中央区千葉寺町383、電話0432644454

事務局は伊藤章夫(〒260-0844、千葉市中央区千葉寺町149-2、電話08053053739、電子メールakioito@w3.dion.ne.jp