TOP世話人会則歩み日常活動犠牲者名簿作り100人の証言他の証言資料リンク集

              空襲時、母は孫を待って自宅で爆死

笹生澄子

私(旧姓浅水)は終戦当時15歳で、神奈川県追浜の工場に学徒動員で働いていた。実家は千葉市新町にあった。現在そごう入口に当たる所に実家があった。1945610日朝、母浅水うめ(58歳)は爆弾空襲によって自宅で爆死した。この空襲は、米軍が千葉鉄道機関区を破壊するための攻撃であったが、爆弾は  機関区周辺の民家にも命中した。母は空襲警報を知りながら、家から出てくる孫を待っていた。空襲で投下された爆弾が軒先を破って爆発した。孫は畑に吹き飛ばされたが、特に負傷はしなかった。他の家族は防空壕に避難していたので無事であった。

当時の母は婦人会の群長で6町内会婦人会の会長を務めていた。