TOP世話人会則歩み日常活動犠牲者名簿作り100人の証言他の証言資料リンク集

父は戦死、母が私を空襲から守ってくれた

吉野ちか子

私(旧姓矢部ちか子)は当時13歳で、千葉神社の近所に住んでいた。千葉市中央区の千葉診療所の前身の看護学校の生徒だった。1944年弟は狂犬病で身体が真っ黒になり死んだ。可哀想だった。194577日、千葉空襲が始まった。母は婦人会の会長も務める気丈な女性であった。空襲時に家の防空壕にいては焼死すると判断し、何もわからない私を防空壕から出して逃げるように勧めた。夜半に避難する人々は千葉刑務所の方に進んでいた。私は人波に押されて刑務所まで避難出来て無事であった。しかし、隣の大工さんの服部さんは一家6人が亡くなっている。八木読売新聞販売店も犠牲者が出た。犠牲者のお名前はわからない。家族や親せきで千葉空襲犠牲者は居ない。

 既に父は中国戦線で戦死し、母と子どもは終戦までに朝鮮から帰国していた。母がなくなれば残留孤児になっていたかもしれない。

 私は、その後、若葉区桜木町から同若松町に移転した。毎年千葉県護国神社の祭典には祖母が出席していたが、彼女も亡くなり、私ひとりになった。